高級書道額・高級日本画額・デザイン額・掛軸製造の 株式会社 大昌

掛軸の飾り方

掛軸を「床の間」に飾る前に、次の二つの道具があれば便利です。
矢筈(やはず)〜掛軸の掛け緒を床の間の釘に掛けたり、外す時に使用します。

 

自在掛け〜床の間の釘に引っ掛けて、「掛軸」の長さに応じて、飾る高さを調整できる専用金具。

 

掛軸の飾り方

片手で「矢筈」を取り、先端の叉を掛軸の「掛け緒」に掛けて、一方の手で掛軸の中央部を持ち、ゆっくりと「掛け緒」を床の間の釘に掛けてください。
釘に掛かったのを確認してから、そっと「矢筈」「掛け緒」から外し、両手で「軸先」を持ち、ゆっくりと巻きを解きながら下してください。
この際、手を離したり、落すような下げ方をするのは掛軸を痛める原因になりますので、ご注意ください!